戦闘能力アッーーープ!!!

画像の説明

前回の赤ずきんちゃんのお話、読んでいただけましたか?!その中ででてきた「クローズドクエスチョン」そう!答えがYesかNoしかで、できなような質問のことですね!!

んー、例えば、「おしっこ行った?」、「宿題終わった?」「明日の準備できた?」とかですね!!これでは、一方通行的な確認作業にしかならないですよね?!

このくらいのレベルはまだいい方で、「ホントにやりたいの?」「このままでいいの?」「やる気あるの?」とこのくらいになると、言われてる子どもの方からすれば集中攻撃されてるって思っても不思議ではないですよね!

だって、「うん!」て答えても「いいや!」って答えてもどちらもそのあとにまた、攻撃が飛んできそうな雰囲気満載ですもんね!!「なんで、あなたはゲームばっかりやってるの?」「どうして宿題できないの?」って感じで。これ、詰問っていいます。

人は、こんな詰問を受けるとだいたい、自分が責められてる、否定されてる、ダメ出しされてるって思います。もうこうなると、子どもは自分を守るしかないですよね。いっきに戦闘能力アップですね!!

逃げるか反撃するかでしょうね!!逃げる場合は、自分を守るためにウソをつく、言い訳をする、人のせいにする、だんまりなどで、反撃は、言い返す、暴力を振るう、舌打ちをする、にらむなどの行動にでます。

じゃあ、こうならないために私たちがやっていること。「子どもは自然に育つものだ」を信じて、今できないことは、何が邪魔してるんだろうと考えます。できる未来を想像して、「できたとしたら何をしてるんだろうね?」って、あなたはできるを前提として質問していきます。

「宿題をする時としない時の違いは何?」と行動に対してアプローチすることで、子どもの人格は否定されず、あなたとの信頼関係もより強いものとなるでしょう!!

「子どもは自然に育つものだ!」尊重と愛情を持って関わっていきたいですね!!

体験会お申込はこちら↓↓↓

お問い合わせフォーム

コメント


認証コード7818

コメントは管理者の承認後に表示されます。