なんか?怖そう??

画像の説明

先日、スクールに通っている子の妹、幼稚園に通っているAちゃんが絵本を持って来ていました。「コーチ見てー!!」

わたし「わー!なにそれ?」
Aちゃん「赤ずきんちゃん!!」

ここであなたなら、なんて言いますか?
「あっ!!知ってるよ!!あの、オオカミがでてきて、おばあさん食べて、赤ずきんちゃんも食べようってするやつやろ??」

って言ったら、Aちゃんはなんて答えるでしょうね?
きっと「そう!」ってなって、そのあと会話は... おしまい。ってなりそうですよね?!

こういう場合の質問をクローズドクエスチョンって言って、答えは、YesかNoしかないんですよね。でお話は終了。

これでは、子どもの学びとは少し遠いような気がしませんか?!
では、それとは逆にオープンクエスチョンっていうのがあります。質問に対して自由で発想力豊かな返答が可能になります!!

少し戻って、
わたし「わー!なにそれ?」
Aちゃん「赤ずきんちゃん!!」

わたし「へー!赤ずきんちゃんってどんなお話なの??」
Aちゃん「えっと、赤ずきんちゃんがいて、オオカミがいて、おばあさんがでてくるの!」

わたし「そうなんだ!で、赤ずきんちゃんはどうなるの?」
Aちゃん「えっと、オオカミさんが赤ずきんちゃんを食べようとするの!!」

わたし「えー!!なんか怖そう!! そのあとどうなるの??」
Aちゃん「んーと、まだよくわかんない!」

わたし「そうなんだ!じゃあ、またどうなったか教えてくれない?」
Aちゃん「わかった!!じゃあ、ママと一緒に読んでコーチに教えてあげるね!!」

わたし「ありがと!!すっごい楽しみ!!いつ教えてくれるの?」
Aちゃん「うん!じゃあ今度の練習の時までにママと一緒に読んでコーチに教えてあげるね!!!」

ってなったら、このAちゃんの次回練習までの行動はどうなるでしょうか??きっと、おうちに帰って、ママに「一緒に読んで!!コーチに次の練習に教えてあげるから!!」

ってなりそうですよね?!こんな風に、興味を持って子どもの話を聴き、また、言葉かけしだいで、子どもたちは自ら学ぼうと意欲、好奇心を持つことができるのではないでしょうか?!

体験会お申込はこちら↓↓↓

お問い合わせフォーム

コメント


認証コード5959

コメントは管理者の承認後に表示されます。