みんなでやろう!!は聞こえてる?!

画像の説明

小学校のスクールは、基本的にチームとして活動していないので、個人的なスタンスで参加している子どもたちも多い!!

「よーしみんな集まろっか!!」って言っても、自分のことなのか、そうでないのかわからないので全く知らん顔の子もいる。

それはそのはず、「みんな」の中に自分が入っていないと思えばその声も届くはずはない。

ましてや、個人差はあるものの9歳くらいまでの子どもたちの主語は、自分です。人と一緒に協力する。力を合わせて何かするという年代ではないんですね!!

「僕は・・・」「俺が・・・」っていう感じです。これは、悪いことではなくて成長の過程です。その子たちに向けて、「じゃあ、みんなで片付けようね!!」言ってもいっさい響かないですよね!!

だって、自分に言われてるって思ってないから。それに対して、「なんで、みんな片付けするのに君だけしないんだ?!」なんて、指導者の学習不足以外のなんでもないですね。

じゃあ、「この僕が、俺が」年代の子どもたちに響くキーワードは何か??果たして?!

「はい!じゃあ、自分で片付けしよう!!!」これ、結構聞きますよ!!
私たちは子どもたちの言葉に合わせる指導法をこれからも実践していきます!!

体験会お申込はこちら↓↓↓

お問い合わせフォーム

コメント


認証コード6724

コメントは管理者の承認後に表示されます。